妊娠中の便秘薬

コーラックは飲んでも大丈夫!?

答えは「NO」です。

 

コーラックのメーカーである大正製薬のHPにも、「妊婦が飲んでも平気でしょうか?」の問いに対して、

他の医薬品と同じく、服用前にお医者さん、または薬剤師にご相談ください。妊娠に気づかず飲んでしまった場合も、同様です。ただし、妊娠中期〜後期の方は、腸を刺激し、早流産の原因になることがありますので、飲まないでください。

と書いてあります。

 

コーラック以外の市販便秘薬は!?

腸を刺激するタイプはNG

便秘薬の多くは、腸を刺激することで、強制的に腸が動くようにしむけて、便を出させる仕組みです。
このタイプの便秘薬を妊娠中に飲むのは、リスクがあります。
成分に「センナ」や「大黄」が入っている便秘薬はこのタイプですから、飲んではいけません。

漢方は!?

漢方なら良いかもしれないと思う人もいるかもしれませんが、漢方だから妊婦にやさしいなどということは一切ありません。
たとえば、「ツムラ防風通聖散」というけっこう名が知られている便秘用の漢方薬がありますが、成分の大黄等で、腸を刺激し、強制的に排便させるタイプです。

お医者さんが処方する薬は!?

マグラックスという便秘薬があります。
これは市販されておらず、医師の処方箋がないと買えません。

 

マグラックスは、上で書いた腸を刺激して強制排便させるタイプではなく、腸内の便に直接的に働きかけるタイプの便秘薬です。

 

少しだけ詳しくお話しすると、マグラックスは、主な成分である酸化マグネシウムによって腸内に水分を引き寄せ、便を柔らかくすることで、便秘を改善するという仕組みです。

 

このため、腸を刺激するタイプと比べれば、赤ちゃんに悪影響が出にくい便秘薬と言えます。

 

それでも・・・

 

しかしそれでも、処方をためらうお医者さんも少なくありません。
というのは、どんな薬にも副作用はあるからです。

 

もし万が一赤ちゃんに影響があった場合、お医者さんとしては、処方した責任を問われます。

サプリメントを推奨するお医者さんが増えている

便秘薬は、それを飲んだ時には、一時的に便秘が改善しますが、また何度も便秘に悩まされることも少なくありません。
また、薬である以上、どうしても副作用がつきまといます。

 

こういったことを踏まえて、最近ではお医者さんが、便秘薬ではなく、サプリメントを推奨するケースも増えてきました

 

健康維持を考えた場合、サプリメントも大きなひとつの選択肢になってきたというわけですね。

 

人気のサプリメントはこちら

 


このページの先頭へ戻る